局所麻酔を希望した私。しかし、全身麻酔され目覚めると⇒泣き崩れる両親「ごめんね、ごめんね」⇒私「ウギャーー」

盲腸の手術で入院し局部麻酔を希望したのになぜか全身麻酔で眠らされ、、目覚めた時、ベッドの横には両親が泣きはらしながら「ごめんね、ごめんね」⇒医者から真相聞かされた私は真っ青に!

出典:http://bazzoo.info/archives/47225

盲腸と思いこんで手術に臨んだところ、トンデモナイ顛末が待っていた!

仮病を使って学校や会社を休んだことは、誰でも経験がある事ですよね。しかし、それが常習となると話は違います。狼少年の話のように本当に具合が悪くなった時も軽く見られてしまいます。

修羅場スレのサイトに投稿された男性の話は、正にそんな仮病癖のある少年が自ら蒔いた種で、気付いたら生死の境を彷徨いかねない状態に体を追い込んでいたというものです。

出典:www.geocities.jp

投稿主は小学6年の頃、図書館で盲腸の事を知りました。その時、そういえば自分もお臍の右下辺りが痛むときがあるなあと思ったそうですが、我慢できない程ではない為、そのまま放置していました。

しかし中学生の頃、かなり激痛が走ったようで、さすがに医者に駆け込みました。ところがその医者はやぶ医者だったのか血液検査と点滴だけ処置して帰らせたのです。

 

↓↓しかし、その後3日間我慢出来ないほどの痛みに苦しみ…↓↓

次ページへ

関連記事

return top