砂糖の有害性、50年以上前から隠蔽されていた

 

2014年には、世界保健機関は肥満と口腔の健康に関するシステマティック・レビューを元に、砂糖の摂取量をこれまでの1日あたり10%以下を目標とすることに加え、5%以下ではさらなる利点があるという砂糖のガイドラインのドラフト(計画案)を公開した。砂糖では、2000キロカロリーの10%は50グラム、5%は25グラムである。
2016年10月、世界保健機関は、清涼飲料水に課税することで、同飲料水の消費を削減でき、肥満を減らし、2型糖尿病を減らし、虫歯も減らせるようになる、と発表した(肥満税も参照のこと)。
2017年3月には、イギリスで2020年までに市場から年20万トンの砂糖を減らすためにガイドラインを作成し、飲料水は砂糖への課税により、また食品では、シリアル、ヨーグルト、ビスケット、ケーキ、クロワッサン、プリン、アイス、お菓子、甘いソースなどの調味料から砂糖を減らすように推奨した。

 

wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%82%E7%B3%96

 

↓↓なんと50年以上前から砂糖の有害性が隠蔽されていたことが発覚↓↓

次ページへ

関連記事

return top