【悲報】加熱式たばこ、増税か

 

加熱式たばこ(英: Heat-not-burn tobacco)はタバコを燃焼させずに加熱するものである。タバコ葉を加熱し、ニコチンを含むエアロゾルを生成する。こうした製品は喫煙行動の特徴をもっている。燃焼製品に似せて設計されている。

加熱式たばこは健康への悪影響が少ないという主張はたばこ産業が出資した研究に基づいているが、このことを裏付ける、たばこ産業から独立した信頼できる研究は存在せず、かかる主張についての説得力のある証拠はない。オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)は、加熱式たばこは従来のたばこよりも健康への害が少なそうであるものの、その害についてバランスの取れる見解を示すための研究は十分ではないと述べている。 一部の科学者は従来の紙巻たばこと同様に危険だと考えている。

また、2017年7月21日には、一般社団法人日本禁煙学会が「加熱電子式たばこは、普通のたばこと同様に危険であり、受動喫煙で危害を与えることも同様である」旨の緊急警告を発し、加熱式たばこのエアロゾルに被曝した化学物質過敏症の患者に激しい咽頭痛と同時に呼吸困難を生じたとの事例を紹介している。

 

wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E7%86%B1%E5%BC%8F%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93

 

↓↓最近人気の加熱式たばこに増税の足音が…↓↓

次ページへ

関連記事

return top