【池の水ぜんぶ抜く】池の水抜く、各地で人気

 

掻い掘り(かいぼり)は、池や沼の水をくみ出して泥をさらい、魚などの生物を獲り、天日に干すことである。換え掘り(かえぼり)、換え乾し(かえぼし)、池干し、泥流しなどのよび方もある。井戸の水をくみ出してたまった土砂を取り除く井戸浚え(いどさらえ)を指すこともある。
農業用のため池を維持するために行われてきた、日本の伝統的な管理方法である。稲作が終わる晩秋から早春にかけての農閑期に、池の水を抜き天日に干し、堆積したヘドロや土砂を取り除いて肥料にし、獲った魚を利用してきた。
栄養塩類を含んだ泥や水を排出し、また池の底を空気にさらして微生物による分解を促進することで、水質を浄化する効果がある。
農業目的の他に、水質改善や外来生物駆除のための掻い掘りが各地で行われている。

 

wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%BB%E3%81%84%E6%8E%98%E3%82%8A

 

↓↓人気テレビ番組の影響が各地に…↓↓

次ページへ

関連記事

return top