【非常識な謎ルールが発覚】外国籍の子供は「ひらがな」使用不可。理由「わかりません」

外国籍の子の出生届は「ひらがな」不可 ホント?法務省に聞いた外国籍でも日本で子どもが生まれれば、出生届を提出する義務がある。 
 そこで「ひらがな」の名前をつけようとしたら、外国籍の子どもは「漢字とカタカナ」しか使えないと言われた、との話がツイッターに投稿され議論が起きた。 
J-CASTニュースは法務省に取材した。 
■「ショック」を受けた 
 あるツイッターユーザーが2017年11月21日に投稿したのは、日本在住の外国籍の友人の話。友人夫婦に子どもが生まれ、「ひらがな」で名前をつけて出生届を提出しに行ったところ、外国籍の子には「漢字とカタカナ」のみ使用可と言われたという。 
ユーザーは「ショック」を受けたと驚きを隠さない。 

法務省民事局の担当者は22日のJ-CASTニュースの取材に、 
「確かに両親とも外国籍の子の出生届を出す際、名前にひらがなは使用できません」と答えた。 

明治時代からあるルール 
 根拠規定はあるが発祥は古い。担当者は、「明治時代のころから適用されてきたルールです。 
その流れを汲んで昭和56年、子が外国籍の場合はカタカナ表記するようにと法務省から通達がなされました。英語表記の付記はできます。中国籍などを念頭に、名前に漢字を使用できる国籍の子で、日本でも存在する漢字ならば、その漢字も使用できます」と話す。 

 仮に両親が外国籍で、子どもには日本的な名前を付けたいと考えて「ひらがな」を使おうとしても、「現行制度上は付けられないということになります」としている。 

 こうした規定ができた細かい背景は「すぐには分からない」という。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00000003-jct-soci

 

↓↓ネットの反応↓↓

次ページへ

関連記事

return top